MENU

薄毛治療薬のプロペシアの効果が得られる人の特徴

薄毛の原因がAGAのときには、主成分としてフィナステリドを配合しているプロペシアを服用すると効果的であると言われています。プロペシアは一般のドラッグストアや薬局で購入できる医薬品ではなく、専門の病院を受診することで処方してもらえる医薬品です。

 

専門病院に行くことでプロペシアの処方を受けることができますが、薄毛についての治療には健康保険は適用されないことから、全体の治療費としてどの程度の金額がかかるのか、事前に医者に質問をしておいて確認しておくことが大切です。

 

プロペシアを服用した人の中で、AGAを治療することができた人の割合は7割から8割ほどと言われています。

 

このようなデータを見れば、プロペシアによる薄毛の改善効果は高いものと考えられますが、完全に抜けてしまった毛髪を再生させる効果は得られないことから、改善の効果がみられる人には特徴があると言えます。

 

プロペシアを服用することで、薄毛の症状が改善した人の特徴としては、症状を発症してから5年以内の人であったり、年齢的に若い人であること、男性型脱毛症の症状そのものが重症ではない人、頭皮の環境が良い人などが挙げられます。

 

プロペシアの成分であるフィナステリドの効果によって、男性ホルモンのDHTを抑制させることができた場合であっても、その効果を継続させるためには薬を飲み続けることが条件となります。

 

プロペシアは健康保険が適用されないことから、決して安い医薬品と言えないものですので、経済的な負担を考えて、服用による治療を開始するかどうか決めるのが良いでしょう。