MENU

AGAの原因と対策とは

AGAとは、男性型脱毛症と訳される症状のことです。思春期以降の男性に多く見られる頭髪トラブルのことで、具体的には頭頂部にOの字を描くように、額の両端からMの字を描くように薄毛や脱毛が広がっていくのが特徴で、どちらか片方だけの人もいれば、この両方が出てくる人もいます。

 

また症状が出てくる時期にも個人差があり、一般的には成人期以降と言われていますが、早い人では思春期以降から出てくる場合もあるようです。AGAの原因としては、男性ホルモンとそれに作用をもたらす特定酵素の存在が大きいと言われています。

 

男性ホルモンが受容体に結合すると、特定酵素が分泌されます。この特定酵素には、男性ホルモンを発毛や育毛を阻害する物質に変換してしまう作用があるため、これにより薄毛や脱毛が発生してしまうと言うわけです。男性ホルモンの受容体は頭頂部や前頭部に多くあると言われています。

 

そのため、AGAはそれらの部位で発生することが多いのです。

 

そのためAGAの治療に関しては、男性ホルモンと特定酵素の結合を抑えることが第一とされます。そこで使用されるのがフィナステリドと呼ばれる成分です。これはもともとは医療現場で使用されていた成分であり、男性ホルモンと特定酵素の分泌に対しての作用があると言われてます。

 

そしてその上で、たとえば発毛や育毛を促進させるために頭皮を清潔に保つこと、また頭皮の血行不良を改善することなども行います。AGAは進行性のものです。よって治療の開始が遅れれば遅れるほど、その効果が出るのが遅くなる、もしくは実感しにくくなると言われています。